クラブ選択の誤り

国内女子ゴルフもいよいよラストスパートの時期になりましたね。

賞金女王争いも目が離せませんが、シード権争いも熾烈です。
シード権があるなしは、天国と地獄に表現されるほとプロにとっては大事なことですから。

後半戦は賞金も高額な試合が目白押しですから面白くなりそうですね。

で、今週は国内女子ツアーの今季メジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」が、9月11日から4日間開催されます。

昨年の同大会の最終日は悪天候により中止となり、3日目までの54ホールを終えて首位に並んでいたイ・ボミ(韓国)と比嘉真美子によるプレーオフとなりました。

他の選手がいない2人だけでラウンドで、イ・ボミが、6ホール目をダブルボギーとした比嘉を破って優勝しました。

今年は誰が優勝するのでしょうか?
実力的にはやはり韓国勢でしょうね。
続きを読む

アプローチショットの基本

ゴルフでスコアアップのコツは何?っと聞かれれば、アプローチとパットと答える人が多いと思います。

100切りを目指すレベルなら何とかドライバーを曲げないで遠くに飛ばすことに夢中かもしれませんが・・・

一口にアプローチといってもの千差万別、ゴルフはティグラウンド以外はボールは一つとして同じところに止まりません。

フェアウェイ、ラフ、ベアグラウンド、そして左足下がり、上がり、つま先上がり、下がり、それらが複合している中で自分の実力を考えてアプローチショットを考えなければなりません。

普段の打ちっ放し練習場だけでは練習しても本番に対応できないのが現状でしょう。
続きを読む

ショットの方向性を良くするには

日本期待の松山英樹ですが、ちょっともたついているようです。

7月31日~8月3日に開催されるWGC-ブリヂストンインビテーショナル(米国オハイオ州・ファイアーストーンCCサウスC)でのこと。

インスタートの松山英樹は、10番、11番とパーパットがカップに蹴られて連続ボギーとなりイマイチの出足でした。

そして14番では不安だったティショットをバンカーに入れ、アプローチも寄らず入らずのボギ。

それでも、16番で1.5メートルのパットを沈めてこの日初のバーディ、18番パー4ではセカンドショットをショートしましたが、13メートルのパットがカップインしバーディ。

さらに最終9番で3つ目のバーディを奪って、イーブンパーの28位タイで初日を終えました。
続きを読む